お部屋が生まれ変わる!

お客様インタビュー

クグスタフ・クリムト(Gustav Klimt)

公開日 2009年09月01日

1862年7月14日 - 1918年2月6日
帝政オーストリアの画家

画家紹介バナー.jpg

19世紀末から20世紀かけて活躍した象徴主義を代表するの画家。

黄金色を多用した豪華で装飾的な画面構成と明確な輪郭線を用いた対象描写、
赤裸々で官能的なテーマを描くクリムトの作品、人物の顔や身体での写実的描写を混合させた独自の絵画表現で19世紀末の美術界を席巻し一世を風靡しました。

接吻.gif

K-1.グスタフ・クリムト作【接吻】
1907-1908年 原画サイズ(180 × 180 cm)
所蔵:オーストリア・ギャラリー(ウィーン)

黄金時代を飾るクリムトの代表作のひとつである「接吻」は、
クリムトと恋人であったエミーリエ・フレーゲをモデルにして描かれています。
1908年にウィーンで開催された総合芸術展で、発表された本作はオーストリア政府に買い上げるという、国が認めた名作である。

ダナエ.gif

K-2.グスタフ・クリムト作【ダナエ】
1907-1908年
原画サイズ(77 × 83cm)
所蔵:Galerie Wurthle(ウィーン)

『ダナエ』は、有名なギリシャ神話をテーマにしている。
アルゴス王アクリシオスは、自分の孫に王位と生命を奪われるとデルポィの信託によってつげられました。そこでアルゴス王アクリシオスは、一人娘である美しい娘ダナエを青銅の塔に閉じ込めましたが、ダナエの美しさに同情したゼウスは黄金の雨になって塔に入りダナエと交わった。
そうして生まれたダナエの子がペルセウスである。
この絵の中で、ダナエの両脚の間を流れる黄金の雨はゼウスの象徴である。

白樺のある農家.gif

K-3.グスタフ・クリムト作【白樺のある農家】
1900年  
原画サイズ(80 x 80cm)
所蔵:オーストリア美術館

水蛇-I.gif

K-4.クロード・モネ作【水蛇 I】
1904-07年 原画サイズ(50cm×20cm)
所蔵:オーストリア美術館(ウィーン)

お問い合わせはこちら